なぜ頭皮が乾燥するの?意外とやってしまいがちな原因について

頭を洗ったのにたくさんフケが出たり、頭皮がかゆくなったり痛みが出たりと、様々な症状に悩まされているという方は、頭皮が乾燥している可能性があります。
頭皮が乾燥すると頭皮に雑菌が感染するんを防ぐバリア機能が失われ、雑菌が細かい傷や毛根から入り込んで、頭皮を守るために大量に分泌された皮質をえさにどんどん雑菌が繁殖します。

 

最終的には頭皮湿疹などの病気の原因になるので、そうならないように頭皮乾燥の対策を学んでおきましょう。

 

頭皮乾燥は自分のせい?

 

元々人より皮質の分泌量が少ないという方は、乾燥肌になりやすいといわれていますが、その中には生まれつき乾燥肌だという方もいれば、頭皮の乾燥を自分で引き起こしている方もいます。
自分のせいで乾燥肌になっているのであれば、その原因を特定することで症状を確実に改善することが出来ます。

 

もしフケが出たりかゆみや痛みが出たときは、今まで自分がした行動を思い返して、頭皮に与えるダメージについて考えてみてください。

 

ドライヤーのかけ方に注目

 

頭皮が乾燥してフケなどが止まらないという方の多くは、必要以上にドライヤーをかけていることが多いです。

 

頭皮を乾燥させようとしてドライヤーをかけること自体は問題ありませんが、問題はドライヤーのかけすぎで、必要以上に温風で頭皮を乾燥させてしまうと、頭皮が乾燥して頭皮の水分が丸まる失われてしまいます。
そうなると頭皮のトラブルはほぼ発生するので、頭皮のトラブル防止のためにも、髪の乾かし方は学んでおきましょう。

 

日常生活による頭皮の乾燥

 

頭皮を乾燥させる要因は、何もドライヤーだけではありません。
普段の生活習慣の中にも乾燥の原因は多く見られるので、元々乾燥肌の方は生活習慣などを変えることで、頭皮の乾燥を防ぐことができるといわれています。

 

例えば湿度が極端に低い乾燥気味の部屋にいるだけで、頭皮の水分はどんどん失われていきますし、頭を洗いすぎると頭皮の皮質が根こそぎ失われ、頭皮の保湿機能が奪われて乾燥が速まります。

 

 

頭皮の乾燥は生活習慣の改善や頭皮のケアの方法を考えることで改善できます。
頭皮の潤いを保ちつつ汚れを落とすようにすれば、きっとフケの量も減って、今までよりも快適な生活を送れるようになるでしょう。