頭皮の保湿を損なわない!正しい頭皮の洗い方

気が付くと頭をポリポリ掻いてしまっている・肩にフケがごっそり溜まってしまって恥ずかしい…そんな思いをしたことはありませんか?

 

実はその痒みやフケの原因は、頭皮の乾燥にあるのです。
頭皮は皮膚が薄いこともあり、ちょっとした刺激などで頭皮環境が悪くなってしまいます。

 

頭皮の乾燥による痒みやフケを防ぐためには、頭皮を保湿することが1番です。
どのような洗髪方法をすれば保湿を損なわないのか、ポイントをご紹介したいと思います。

 

アミノ酸系のシャンプーを使う

アミノ酸系シャンプーとは、シャンプーの成分にアミノ酸成分が含まれているシャンプーのことです。

 

アミノ酸系シャンプーの特徴は、お肌と同じ弱酸性なので刺激が少ないため頭皮にも優しいということです。
また保湿力が高いため頭皮の突っ張りなどが起こりにくく、潤いを保つことが出来ます。

 

洗浄力は強くはありませんが、その分敏感肌の方やアトピーの方も使用できるぐらい優しいシャンプーです。

 

強力な洗浄成分が含まれているシャンプーも多く出回っていますので、シャンプー選びには注意して下さい。

 

ゴシゴシ洗わない

汚れや皮脂・フケなどを落とそうとして一生懸命に力を入れて洗ってはいませんか?
ゴシゴシと力を入れて洗うことによって、知らず知らずのうちに頭皮は傷ついてしまっているのです。

 

傷ついてしまった部分にはバリア機能を果たす水分が十分に保たれなくなり、そこから乾燥が起こることによって痒みやフケなどのトラブルが起こるのです。

 

トラブルを未然に防ぐためにも、ゴシゴシ洗いは絶対に止めましょう。

 

ツバキ油・保湿オイルなどを使用する

乾燥を防ぐためには適度な油分も必要です。
地肌が乾燥している方は、油分が不足しているということでもあります。

 

コラーゲンなどの食材を積極的に摂るなど体の中からの改善も必要ですが、頭皮環境が改善して行くには時間がかかります。

 

そこで、シャンプーにツバキ油を数滴たらす・頭皮専用の保湿オイルなどを混ぜるといった外からの保湿ケアも有効です。
しかし、付け過ぎはトラブルの元になりますので注意して下さい。

 

乾燥はいつでも起こります。
日頃から乾燥対策を行って、健やかな地肌を保って下さい。